ピーナッツアレルギーの次男の症状と対応、食べられるようになるまでの経過

アトピー・アレルギー

この記事では、ピーナッツアレルギーの症状や対応、経過について、次男に起こったことを振り返ります。

受けていた血液検査では最初は陰性でしたが、2歳前に発症し、しばらくピーナッツを除去して、3歳過ぎには食べられるようになりました。

次男の経過が、現在、軽度のピーナッツアレルギーを持つ赤ちゃんのママの参考になればと思います。

アレルギーの反応や経過については、個人差の大きいものであることを念頭に置いたうえで、お読み下さい。

次男のピーナッツアレルギーがわかるまで

ピーナッツバターのパン

最初に「あれ?」と思ったのは、生後1歳3か月ごろに行った沖縄旅行。ジーマミー豆腐を少し食べさせた数分後、顔や胸のあたりに蕁麻疹がでてきました。

この時は「もしや?」とは思いつつも、はっきりと何に反応したかわかりませんでした。

元々卵アレルギーもあったので、当時卵はクリアしていたけれど、ちょっと生っぽい感じだった、疲れてたのもあり、そちらに反応したのかな?と。(お料理は自炊したものでした)

原因はわからなかったのですが、明らかに食物アレルギーの症状だったので、元々処方(卵アレルギーだったため、お守りで、屯用で処方あり)してもらっていた抗ヒスタミン薬を飲ませました。幸いなことに、しばらくして落ち着きました。

同様の症状は、その後出ていなかったので、すっかり忘れていたのですが。

半年後、確信する出来事が起こります。

長男はピーナッツバターが好きで、久しぶりにピーナッツバターをつけたパンを朝食に出したのです。

そして、次男も同じものを食べました。次男は、ピーナッツバターを口にしたのは初めてでした。

・・・数分後、顔から腕、胸のあたりまで、見覚えのある蕁麻疹が出てきました。

沖縄旅行の時の反応同じです。

この時は、ピーナッツ以外にアレルゲンと思われるものを食べていなかったので、すぐにわかりました。

とりあえず、冷やして、すぐに再び内服薬を飲ませて症状は軽快しました。

蕁麻疹は、掻くと広がってさらに悪化するので、アレルギー症状が出たら、わたしは、とりあえず少しでも痒みが落ち着くように冷やします。自宅にある小さめの保冷剤を当てます!

そのまま、かかりつけ医に電話して受診し、アレルギー検査を再度してもらうと、前回は陰性だったのに、数値が上昇していました。

ジーマミー豆腐もピーナッツバターも、ピーナッツが濃縮されていて、アレルギーがある場合は、実は少量でも危険だったのですが、当時は知りませんでした(;^_^A

ジーマミー豆腐の原料がピーナッツで、しかも大量に入ってるとは、見た目からはわからないですよね。

小児科で受けていたアレルギー検査ではピーナッツは出てなかったから、油断していました。
年齢によって、卵・乳・小麦のように落ち着いていく傾向のものもあれば、出やすくなるアレルギーもありますね。

ピーナッツアレルギーに対しての当時の医師からの指導と食べられるようになるまで

次男の場合は、アレルギーのクラスは1(疑陽性)。

アレルギーのクラスの基本的な考えは、「クラスが強ければ、アレルギーである確率が高まる」です。

一概にクラスが弱い=アレルギー症状が弱いとはならない点は注意が必要です。

ピーナッツアレルギーは、数値が低くても、症状が出る場合、アレルギー反応が強めに出る傾向があるようです。

食べた時に、呼吸に症状が出なくて、本当に良かったです(-_-;)

呼吸が苦しそうな様子があれば、アナフィラキシーショックを起こしている可能性があるので、即救急車を呼んでください。

ピーナッツを除去してから食べられるようになるまでの経過

アレルゲンへの接触をなくすことで、徐々に数値が下がってきて、成長と共に食べられるようになると思う

小児科の先生からの指導は、次男の場合、「しばらくアレルゲンを遠ざけること」でした。

ピーナッツの入ったおやつ、ピーナッツバターの購入を避けて、しばらく家の中からピーナッツを追い出しました。

この時は、念のため、他のナッツ類も食べさせるのはやめておきました。ナッツ類はお菓子に入っていることも多いので、除去したい場合には、少し注意が必要です。

2歳2か月、3歳過ぎの血液検査結果です。

2歳の血液検査で、同時に検査したAra h2は、ピーナッツを摂ったときのアレルギー症状の出やすさの診断に使われるものです。こちらは陰性でした。除去して4か月ほどで数値は下がってきて、少し安心したことを覚えています。

3歳すぎの血液検査では、0.1以下まで反応が低下したので、小児科の医師の指導で、久しぶりに食べさせてみることになりました。

3歳2か月、家でピーナッツバターを少量から食べさせ始めました。

最初は、耳かき1さじ程度のわずかな量から、徐々に増やしていき、2週間ほどでパン1枚食べられるように!(^^)!

他のナッツも大丈夫でした。

 
ピーナッツなどの硬い豆類は、誤って気管に入ってしまうと窒息の原因になります。
またレントゲンに写らず発見が遅れ、肺炎を起こしてしまうこともあります。
しっかり噛んで食べられるようになる3歳以降までは、そのまま与えることは危険ですので、絶対に避けましょう。

ピーナッツアレルギーに対する現在の一般的な考えとアレルギー症状が出た時の受診先

  • アメリカでは、ピーナッツアレルギーの発症予防を目的に、離乳開始後、早期にピーナッツを含む食品を食べさせること(ただし、重度の湿疹があるなど、アレルギーを起こすリスクが高い赤ちゃんについては、個別対応)が推奨
  • 食物アレルギーを予防するために、離乳食の開始時期を遅くすることに意味はない。逆に食べさせることを遅らせることで、アレルギーになる確率が高まる可能性がある。
  • ピーナッツアレルギーは、成長と共に大部分が軽快する卵・小麦・乳アレルギーに比べ、食べられるようになる確率が低め

アレルギーは「食べて慣れさせる」方向に進んでいます。予防のためには、むしろ早めに食べさせた方がいいとも。

ただ、次男のようにアレルギー症状が出た場合には、医師の指示のもと、時期をみて、食べさせていくことが大切です。

アレルギーの予防のための離乳食の進め方と、アレルギーを発症してしまった時の対応は、当然違ったものになります。

一時的、または数年に渡り、完全除去が必要なこともあります。何でも慣れさせればいいというものではありません。

アレルゲンにより、また子どもの反応により進め方は違うので、経験豊富な小児のアレルギー専門医を受診されるのが、手っ取り早く、安全・確実なので、お勧めです。

離乳食を始める前に血液検査を受ける必要はありませんが、進めていく中で、アレルギー症状かも?ということがあれば早めに受診しましょう(^^♪

次男は、ピーナッツを食べても、その後蕁麻疹がでることはなく、現在まで、普通に食べることが出来ています。良かったです(^^♪

この記事を書いた人
ともこ

大阪府在住、三男一女子育て中の助産師。助産師目線からの、妊娠出産育児情報をゆるゆる発信します。あなたの育児を少しでも楽しく楽ちんに☆

ともこをフォローする

離乳食に果物を与えすぎないように注意しましょう
母乳が出すぎて赤ちゃんがむせるときの対処法
母乳が出すぎて痛い時の、保冷剤の使い方や気をつけること
母乳が出すぎる時の授乳のコツ
添い乳のやり方や気を付けること

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました