子どもは周囲の人をコピーして育つー親の姿勢や健康の大切さー

自分のカラダを治す・整える

子どもは、まねて成長していく生き物です。
赤ちゃんの「マネ」つまり、模倣行動は、新生児期からみられることがわかっています。

お子さんの、姿勢や歯並びが悪い・口呼吸などの困った習慣は、母親の影響が大きいという事実。

母親の身体を整えることで、母も元気になり、お子さんも健康でのびのびと自然に育つことができるのです。

我が家の子どもたちの困った症状

我が家の子どもたちの現状をお話しします。

長男:8歳 花粉症が年々ひどくなってきた。1歳の時から滲出性中耳炎を繰り返す。鼻水が出ていると、ほぼ100%、何なら鼻水は出ていない時でも、鼓膜の奥に水がたまり、耳鼻科通いが続いていた。
口呼吸で姿勢も悪い。あごの成長もいまいちで、2年ほど前から上あごの矯正(床矯正)中。

次男:5歳 生後3か月でアトピー性皮膚炎(中等度)の診断。魚卵やハウスダストアレルギーあり。口呼吸、口を閉じて食べ物を噛めない。乳歯に全く隙間がなく、口の中は狭い。このままいくと矯正必須な雰囲気。

三男:2歳 今のところ、健康体で一番活発。噛まずに飲み込む。口の中は狭め。

長女:生後半年 乳児湿疹が長引いており、診断は受けていないがおそらくアトピー性皮膚炎。


ため息です…
子どもたちの口呼吸が、まずいろいろな現況だとは考えられますが。
なかなかな、病気や困りごとのオンパレードですよね(-_-;)

でも、これはわたしが作ってしまった世界だということに、最近気づきました。

わたしのカラダをみてみると

子どもに、「よく噛みなさい・背筋を伸ばして」とか、言ってたわたし。

自分自身をみてみると・・・

  • 早食い、噛んでない
  • 猫背
  • 身体はゆがんでいる
  • なんだか常に疲れてしんどい
  • 寝ているときの食いしばり
  • 常にではないが、気づくとお口をぽかんと開けていることがある

痛すぎる…。

わたしを真似てるんですから、いくら言っても治らないはずですよね(-_-;)

子どもの成長発達に、靴や食事を整えることはしていました。

助産師という仕事柄、子育て分野への興味はとても強かったし、いろいろなセミナーや教室にも参加して、良いと言われることには、取り組んでいるほうだとは思います。

健康で丈夫な身体に育ってほしいし、親としてできることはしたいと思っています。

小さいうちから環境を整えてあげることで、健康な体も作りやすいということは、以前から感じていたので、口や足・姿勢のことも勉強してはいました。

でも、いろいろやっているにも関わらず、子ども達の困った症状は改善どころか、徐々に悪化していっていました。

なぜ?

わたし自身が健康なカラダでいること

これが抜けていたんです!!

結果、たくさん遠回りしてしまいました(´;ω;`)

子どもを治すためにはまず母親から

子どもは母親の真似をします。

母親がよく噛み、正しい姿勢で、健康なカラダであれば、子どももそのように成長していくことができます。

ですから、大切なのは、母親を整えること

毎日の育児で、カラダがたがたになっていませんか?

育児にバタバタ忙しく、自分のことは後回し。

産後の養生も十分にできる環境である方のほうが、現在の日本では少ないと思います。

多少の不調ぐらいだったら、見て見ぬふりをして、動き続けるしかないという状況なんて、普通ですよね。

わたし自身、4人も授かってますし、肩こり・疲れやすいなどちょっとした困りごとはあるものの、妊娠中・出産も順調で、別にすごく不調というわけではなかったですし、健康だと思ってました。

でも、よくよく見てみると、自分のカラダがひどい状態だということに4人目の産後にようやく気づきました。

ということで、現在、自分のカラダを自分で治し・子どもたちも治し中です(^^♪

一人目妊娠前に知りたかった

自分や自分の子ども達については、現在取り組み中ですが、カラダが復活してきて、やればやるほどに、出てくる思い。

 

1人目妊娠前に知りたかった!!

 

妊活中から自分のカラダに向き合い、整えることで、その後の育児は変わります。

子どもにも負担も少なく、お金もかからない。

何より、自分自身が生きることが楽ちんで楽しくなる♡

 

ご興味のある方は、オンラインまたは対面で、お伝えさせていただきます(^^♪

 

5名様まで、モニター価格で提供させていただきます。

詳しくはこちら

 

健康なカラダで、思いっきり楽しんで生きること

子ども達は、出会いを運び、いつも色々なことを教えてくれます♪

 

 

この記事を書いた人
ともこ

大阪箕面市、たんぽぽ助産院。妊娠・出産・産後の相談相手が欲しい女性に、助産師+4人の子育ての豊富な経験から、あなたと赤ちゃん、ご家族が一番楽ちんな提案をする産前産後アドバイザー。なんでもお気軽にご相談ください。

ともこをフォローする

 

離乳食に果物を与えすぎないように注意しましょう
母乳が出すぎて赤ちゃんがむせるときの対処法
母乳が出すぎて痛い時の、保冷剤の使い方や気をつけること
添い乳のやり方や気を付けること
母乳が出すぎる時の授乳のコツ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました